Citrix Systems
シトリックスシステムズ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU
Citrix Systems
シトリックスシステムズ
仮想アプリケーション配信により企業ITのモバイル化を実現

XenAppの圧倒的な優位性

Citrix XenAppは、全てのWindowsアプリケーションを仮想化し、あらゆる場所にあらゆるデバイスへの配信が可能です。FlexCastテクノロジーによる最高品質のアプリケーション配信モデルにより多様化する企業ニーズに対応します。

シーンに応じたXenAppの配信モデル

サーバーOS上のアプリケーションを配信
サーバー共有アプリケーション
画面転送

サーバーOS上で実行しているアプリケーションの画面イメージのみを、クライアント端末に配信する方式です。クライアント端末とサーバー上のアプリケーションは、画面イメージ、キーポード/マウス信号を圧縮、暗号化して送受信を行います。物理サーバー、仮想サーバーを問わずWindows上で動作しているあらゆるアプリケーションを配信します。

サーバーOS上のアプリケーションを配信
サーバーOSデスクトップを配信
サーバー共有デスクトップ
画面転送

サーバー上で実行しているサーバーOSの画面イメージのみを、クライアント端末に配信する共有型のリモートデスクトップ方式です。クライアント端末とサーバーデスクトップ画面はサーバー共有アプリケーション型と同様に画面イメージ、キーポード/マウス信号を圧縮、暗号化して送受信を行います。Windows Serverを共有利用することで、VDIとほぼ同等の環境で作業を行えます。

サーバー共有デスクトップ

XenAppソリューションの特長

モバイル向けアプリを簡単に配備
新しいHDX Mobileテクノロジーを利用することで、既存アプリケーションをセキュアにホスティングし、タブレットやスマートフォンでも使用できるようにアプリケーションを最適化できます。
モバイルデバイスに最適化
快適なモバイル環境を実現するためスマートデバイス特有のユーザーインターフェイスであるマルチタッチジェスチャーやスワイプ、タッチパッド、ダイレクトカーソルなどの操作を実現します。
あらゆるクラウドに対応
Amazon Web ServiceからCitrix Cloud Platformべースのパブリッククラウドやブライべートクラウドまで、あらゆるクラウド環境をサポートします。*Microsoft Azureもサポート予定
クラウドへの容易なプロビジョニング
従来型の仮想インフラストラクチャ、パブリッククラウドの両方に対し、アプリケーションのプロビジョニングが行えます。
標準コンソールによる容易な運用管理
アプリケーション仮想化環境の容易な構築を実現するコンソールStudioや日々の運用を支援する統合管理コンソールDirectorにより管理コストを削減します。これらはXenDesktopの運用管理でも共通に使います。
複数世代のWindowsをサポート
同ーインフラストラクチャを通じて5世代にまたがるWindowsアプリケーションをホスティングすることにより、コストを削減し混乱を解消できます。
データの保護
集中管理されたデータは、ファイアウォールを流れることもデバイス上にデータが存在することもありません。また、ネットワークトラフィックの暗号化やSSL VPN接続をサポートします。
アプリケーション仮想化への容易な移行
AppDNAを使うことで、アプリケーションのテストや修正に必要となる作業を自動化し、モバイル配信用のアプリケーションの仮想化にかかる時間とコストを最大で90%短縮できます。

アプリケーション仮想化の市場リーダー、デファクトスタンダード

モバイル環境だからこそのアプリケーション配信既存
Windowsアプリケーションを最大限に活用

XenAppは、世界で最も利用されているアプリケーション仮想化ソリューションです。モバイル時代に、あらためて注目されているXenAppは、デスクトップを介さずにWindowsアプリケーションを直接利用するため、最小限のオーバーヘッドであらゆるデバイスから利用可能です。現在、シトリックスのソリューションは、世界中の33万以上の企業や組織において1億人以上の人々に利用されています。多くの企業は、XenAppを用いて多様化するワークスタイルへの対応やモバイルデバイスのビジネス活用、変化への即応とコスト効率向上、セキュリティやコンプライアンスの遵守といったさまざまなビジネス課題を解決しています。

モバイル環境だからこそのアプリケーション配信既存Windowsアプリケーションを最大限に活用
あらゆるデバイスに対応し多様化するワークスタイルに対応

XenAppは、アプリケーションの実行環境をサーバーやクラウドに集約し、利用環境から遠隔操作することで、根本的なセキュリティ対策や生産性向上を実現します。また、従来から定評のある画面転送技術HDXテクノ口ジーにより、狭帯域なモバイルネットワーク環境であっても高いパフォーマンスを発揮します。これによりCADなどのリッチな3Dグラフィクスアプリケーションでも口一力ル環境で実行しているかのような高い操作性を体験可能です。

かつてないシンプルさでWindowsアプリケーションをモバイルデバイスへ配信

XenAppは、ますますモバイル化するユーザーに対して簡単にWindowsアプリケーションを配信することができるようになりました。

Windowsアプリケーションをモバイル対応に モバイル対応

最新のスマートフォンやタブレットなど、あらゆるデバイスからWindowsアプリケーションを操作可能です。また、新たにReceiver for HTML 5によるブラウザからのアクセスができます。さらにHDXMobileによる小画面に最適化された表示や指タッチやジェスチャーなどモバイルフレンドリーな操作性のほか、SDKによる新しい機能を付加したアプリケーション開発が、Windows標準開発環境で行えます。

Windowsアプリケーションをモバイル対応に
すべてのWindowsアプリケーションを最適に配信 モバイル対応

Windowsアプリケーション配信のユーザー体験を最大化させるため、優れた圧縮技術を備えたHDX技術はもちろんのこと、仮想的に複数のポートを利用するマルチストリーム配信により、あらゆるネットワーク環境下でもストレスのない操作を実現します。また、アプリケーションから直にGPUにアクセスすることにより高度なグラフイックス、動画アプリケーションなどにも対応します。これらはモバイル環境特有の狭帯域ネットワークにおいても最新のH.264べースの圧縮ストリーミング技術などにより快適に動作可能です。

すべてのWindowsアプリケーションを最適に配信
インストールから設計、運用作業の全てを使いやすいコンソールに集約 運用管理

Studioコンソールにより、企業はアプリケーション仮想化環境の構築を容易に行なえます。また、日々の運用に関しては統合管理コンソールDirectorが提供されます。アプリケーションの傾向や診断情報をリアルタイムに把握することで、問題解決を迅速かつ容易に行なうことが可能になるため運用管理業務を簡素化します。また、ビルトインされたCitrix EdgeSightユーザー体験分析を用いれば、過去からの長期問にわたる傾向把握や分析だけでなくパフォーマンス管理も行なうことが可能になります。

圧倒的なコスト効率を実現するサーバー共有型 コスト効率

ユーザー数分のOSを仮想化し、各アプリケーションをインストールするVDI方式などに比べ、サーバーのデスクトップ、アプリケーションを複数のユーザーが共有して同時に利用できるため、CPUやメモリ、ストレージの利用効率が高く、ユーザーの集約度を高めることができます。また、マイクロソフトの「Windows Virtual Desktop Access」(VDA)ライセンスが必要なVDI方式に比べサーバー共有型はRDS(リモートデスクトップサービス)に関わるライセンスのみで対応可能なため、ライセンスコストを最適化します。

クラウド基盤への展開「ハイブリッド クラウド プロビジョニング」 最適な配信

クラウド時代に向けたXenAppでは、アプリケーション配信モデル毎に存在した別々の内部アーキテクチャは、シンプルに統合化されたFlexCastManagement Architecture(FMA)として提供されます。これにより拡張性や管理性に優れたクラウド時代のアーキテクチャへと進化しました。また、従来のオンプレミス環境だけでなくクラウド環境への展開が可能です。専用のスクリプトやテンプレートを使わなくてもStudioコンソールからウィザード形式で容易な展開を実現します。これにより同じ仕組みを利用してオンプレミスでの運用、クラウドでの運用、そしてハイブリッドでの運用が可能となり自社のニーズにあわせて柔軟な構成に対応します。

アプリケーション仮想化への移行をシンプルにするAppDNA 容易な移行

物理環境から仮想環境、またはWindowsのバージョンアップに伴う既存アプリケーションの互換性確認作業は、企業が利用しているアプリケーションの数に比例してコストが増大します。そこでXenAppでは、アプリケーション移行を簡素化するためにAppDNAを提供します。AppDNAは、既存アプリケーションの互換性検証を自動化することで、手作業による確認に比べて90%近く作業を効率化します。

※XenApp Platinumエディションでは、AppDNAの全機能が利用可能です。

アプリケーション仮想化への移行をシンプルにするAppDNA

XenApp 7.6エディションと主な機能

  Advanced Enterprise Platinum
あらゆるユースケースに対応するアプリケーションとデスクトップ
アプリケーション配信(サーバー共有アプリケーション)
デスクトップ配信(サーバー共有デスクトップ)
VMホステッドアプリケーション
ユーザー生産性向上、どこからでも高パフォーマンスなアクセス
セッション事前起動と残留
匿名ログオン
ユニファイドコミュニケーションの最適化
HDXによるユーザーエクスペリエンス最適化
HDX Mobile
HDX ローカル アプリケーション アクセス
HDX 3D Pro
vGPU共有(XenServer)
シンプルなサポートとBYOD
あらゆるデバイスからのアクセス
企業アプリケーションストア
Receiver for HTML5(クライアントレスアクセス)
重要な情報を一元化で保護
FIPS準拠、Common Criteria/ISO15408評価基準達成
画面転送、一元化した監査、制御、ポリシー
二要素認証
ICAプロキシ
シンプルな管理とコスト削減
シンプルな統合運用、監視、分析
パフォーマンストレンド分析
ネットワークトラフィック分析(NetScaler HDX Insight)
ハイブリッド クラウド プロビジョニング
XenAppサーバーイメージ管理(Provisioning Service)
VM プロビジョニング(Machine Creation Service)
アプリケーション移行支援ツール(AppDNA)

※VMホステッドアプリケーション インスタンスの配信のみ