Citrix Systems
シトリックスシステムズ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU
Citrix Systems
シトリックスシステムズ

第6話
SSL処理でSEO対策

Citrix NetSCaler

Googleの検索結果ランキングは、暗号化接続しているかどうかがポイントに!

2014年8月、米Googleは、SSL(TLS)プロトコルを採用したセキュアな接続(HTTPS)に対応しているWebサイトを検索ランキングで優遇する方針を発表しました(図①)。今までは情報入力ページなど一部のページにのみHTTPSを採用していたWebサイト運営者に対して、今後すべてのページをHTTPからHTTPS接続に移行するように強く推奨しています。

また、現在は鍵長による優遇は考慮されていませんが、将来的にはより長い鍵長(2048bitなど)を採用しているWebサイトをより優遇していくとしています(図②)。

つまり、「検索順位を上げたければ、全ページを暗号化というのも手法の一つ」と考えられるわけです。

図①

図②

NetScalerは業界随一のSSLパフォーマンスを誇ります

上に戻る

2048bit鍵長は、1024bit鍵長の5~30倍の処理能力が必要

2048bit鍵長はセキュリティを大幅に強化しますが、その一方で、1024bit鍵長よりも遥かに多くの処理能力が必要になります。アプリケーションの性能と可用性を維持するために、SSL処理能力が高いADCによる、余裕のあるWebサイト設計が必要になります。

ライセンスアップグレード(Pay-As-You-Grow)

ライセンスアップグレードにより、スループットを向上させることが可能(スケールアップ)です。そのため、将来パフォーマンスが必要になっても、購入した機器が無駄になることはありません。

AppExpert Policy Engineにより簡単にフルページSSL化!

「パス指定」が絶対パス指定で記述されている場合、Webコンテンツ内のSSLアクセラレータを設置しただけはフルページSSL化は実現出来ません。NetScalerのApp Expert Policy Engineによって絶対パス指定を相対パス指定に変換すれば、Webコンテンツに一切変換を加えることなくフルページSSL化が実現可能です。