Citrix Systems
シトリックスシステムズ
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU
Citrix Systems
シトリックスシステムズ

Citrix NetScaler SD-WAN WANOP Edition

Citrix NetSCaler

ブランチオフィスとモバイルワーカーの生産性向上

Citrix NetScaler SD-WAN WANOP Editionを利用することで、増加する帯域幅要件にコスト効率よく対応し、アプリケーションの高速化と帯域幅の効率化を実現することができます。

Citrix SD-WAN WAN最適化ソリューション

Citrix NetScaler SD-WAN WANOP Edition利用のメリット

  • 仮想デスクトップ
    環境最適化
  • アプリケーション
    高速化
  • トラフィック管理
  • ビデオ配信最適化
  • セキュアな
    クラウド接続
仮想デスクトップ環境最適化

Citrix XenDesktopの強化

XenAppやXenDesktopで使用されるICAプロトコルを使用した通信を高速化、最適化することができます。

ICAプロトコルの中身をみて、優先制御をかけることができるため、例えば、プリンタやキーボードのレスポンスを優先させることで、クライアントの操作性を向上させたり、ご指定したグループに対して、帯域を割り当てたりすることが可能です。

Citrix XenDesktopの強化

Citrix XenDesktop/XenAppの最適化

NetScalerを経由するHDX通信を自動検出することができます。

  • 通過したHDX通信のデータをSD-WANにキャッシュ
    ※以降のデータ転送にはトークンを使用して圧縮
  • WANを流れるHDX通信を暗号化
  • B社はNetScalerより75~80%以上の帯域を必要とする
Citrix XenDesktop/XenAppの最適化

Citrix ShareFileのファイル転送の高速化

Citrix ShareFileを利用したファイル転送も、Citrix NetScaler SD-WAN WANOP Editionを利用することで、ダウンロード時間やダウンロード時のデータ量を大幅に削減することができます。

Citrix ShareFile:エンタープライズ用途に設計され、モバイルユーザーのために最適化されたファイル同期&共有システム

Citrix XenDesktop/XenAppの最適化
Citrix XenDesktop/XenAppの最適化

Citrix HDX Insight for SD-WAN

SD-WANプラットフォームでは、Citrix Insight Centerとの統合によって可視化機能であるHDX Insightが提供されるようになりました。SD-WANは企業のIT部門がアプリケーションの配信に関する問題を正確に診断し、さらに迅速なソリューションを得ることができます。

Citrix XenDesktop/XenAppの最適化
アプリケーション高速化

スループットと遅延の関係

TCPスライディングウィンドウ方式では、受信側が決めるWindowサイズ(RWIN)と、往復遅延時間(RTT)によって最大スループットが決まります。

【定義式】 最大スループット(bps) = RWIN (bit) / RTT (sec)

スループットと遅延の関係

例えば...

遅延が100msの場合

遅延が100msの場合 5,242,800 65,535×8 ≒5Mbpsしか出ない
0.1

遅延が1msの場合

遅延が1msの場合 5,242,800 65,535×8 ≒500Mbps
0.001

アプリケーションの高速化  (1)プロトコル最適化

NetScalerがTCPの代理応答をすることで、遅延によるスループットの低下を防ぎ高速化を実現します。

アプリケーションの高速化(1)プロトコル最適化

アプリケーションの高速化  (2)TCPの最適化

TCPフロー制御を使用することで、WAN接続で可能な最高速度となるように保ちます。

アプリケーションの高速化(2)TCPの最適化

アプリケーションの高速化  (3)データ圧縮

NetScalerは、送信されるトラフィックのタイプや現在のネットワークの状態に応じて、複数の圧縮、キャッシング、データ重複除外アルゴリズムの中から適切なものを動的に選択し、帯域幅消費量を大幅に削減します。

アプリケーションの高速化(3)データ圧縮
トラフィック管理

500種類以上のアプリケーション・プロトコル管理

アプリケーション単位の性能に関する詳細な分析を自動検出し、また独自定義もできるため、きめ細かな帯域制御、優先制御が可能となります。IT部門の担当者はネットワークの使用状況に素早く簡単にアクセスして、アプリケーションやサービストラフィックを分類できるほか、ユーザーエクスペリエンスに影響するようなネットワークの輻輳や遅延を検出することができます。そのため、関連する問題をいち早く修復することにより、サポートコストの最小化を実現できます。

アプリケーションの高速化(3)データ圧縮
ビデオ配信最適化

企業内でのトレーニングや社内広報等のため、ビデオコンテンツの利用は著しく増加しています。

  • NetScaler新機能による実現:XenDesktop 環境における
    1. コンテンツ圧縮 / キャッシング
    2. イントラ含むコンテンツの最適化
    3. YouTube等のコンテンツアクセスの監視

WAN帯域の削減とビデオ配信の最適化を実現

ビデオキャッシングの効果例
ビデオ配信最適化
セキュアなクラウド接続

NetScaler間でIPsecトンネルをはり、その中にL2のネットワークを通すことができるため、オンプレミス環境とクラウド環境を同一のサブネットで構築することができます。

セキュアなクラウド接続