Attivo Networks
アティーボネットワークス
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Attivo Networks

アティーボネットワークス

セミナー

セミナー
次世代エンドポイントセキュリティだけじゃない!
デセプションという効果的な打ち手
貴組織に最適な侵入前提のセキュリティ対策とは?

今回のセミナーでは、EDRを始めとする次世代のエンドポイントツールと、デセプションというアプローチについて、それぞれの優位点や事例を交えながらご紹介します。

セミナー
米国金融機関の導入事例から見るDeception(騙し)テクノロジーの有効性とは
-いま求められる、エージェントレス、誤検知ゼロの脅威対策とは-

本セッションでは、Deception製品の導入ユーザである米国の大手金融機関に弊社が直接インタビューし、どのように検討を始めたのか?何故Deception製品を選択したのか?どのように活用をしているのか?など、海外の最新の標的型攻撃対策の状況をユーザの声を交えてご紹介させていただきます。

セミナー
マーケットリーダーCEOも登壇!!
サイバーセキュリティ対策の常識を覆す“騙し”テクノロジーの進化を体感する緊急セミナー

Deception というコンセプト自体がセキュリティ市場に認知されはじめ、グローバルでは標準的な考え方になりつつあり、実際に導入するお客様も増えて参りました。そして、その導入効果自体も実証され始めております。また、Deception に分類される製品自体が圧倒的なスピードで進化しており、今や、攻撃者を騙すことで攻撃の進行を検出するだけに留まらず、ランサムウェアを騙すことで暗号化を検出することも可能です。侵入後から情報窃取までのリスクを可視化しながら、有事の際には迅速にインシデント対応を実現できるプラットフォームに機能を拡大していっております。

是非この最先端製品に関連する最新情報を様々な角度から、お客様にご体感いただきたいと考え、このたび、本セミナーを開催いたします。

セミナー
攻撃者を騙し、おびき寄せ、閉じ込める“Deception(騙し)テクノロジー”
-標的型サイバー攻撃対策の新常識! 誤検知ゼロのAttivo ThreatMatrixとは-

Deceptionは、攻撃者とのいたちごっこを根本的に変えるテクノロジーであり、アメリカやイスラエルでは既に一般的になりつつあります。本セミナーでは、意外と知られていない、標的型サイバー攻撃がセキュリティ製品を通過し、端末が感染した後、どのように脅威が拡散~情報搾取されるのか、具体的な手法をご紹介します。

セミナー
注目の騙しのテクニックを利用した次世代セキュリティとは?
-Attivo Networks社 SVP緊急来日!-

本セミナーでは、Attivo Networks社のSVP Engineering、Srikant Vissamsetti氏のセッションに加え、弊社より直近の標的型サイバー攻撃の被害事例から考える、感染後の対策「セグメントセキュリティ」の必要性と、Attivo製品のデモンストレーションをお届けいたします。

セミナー
攻撃者を騙し、おびき寄せ、閉じ込める!
-最新のセキュリテイ対策「Deceptionテクノロジー」とは?-

今回ご紹介するAttivo Networks(アティーボ ネットワークス)の「Deceptionテクノロジー」は、単なるハニーポットではなく「攻撃者を誘い込む撒き餌を端末に用意する」ことによって、攻撃者をおとり環境におびき寄せ、ネットワーク侵入後の攻撃の検知と、攻撃者の攻撃手法と目的を特定する、極めて新しい対策アプローチを提供いたします。

本セミナーでは、デモも交えながらAttivo Networks のDeceptionテクノロジーをご紹介いたします。

セミナー
標的型攻撃の手法や実態を解説!回避テクニックと効果的な対策方法とは

本セミナーでは、長年セキュリティ業界を牽引し、数々のメディアに取り上げられているAttivo Networks社CSSのChirs Roberts氏と、10年以上アジア圏で活動するサイバースパイを分析するTEAM T5社のCEO、TT氏が、テクニカルな側面から標的型攻撃の手法や実態を解説します。