Aruba Networks
アルバネットワークス
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU
Aruba Networks
アルバネットワークス

Arubaについてよくあるご質問

製品関連

アルバネットワークス社の無線LANはモビリティ・コントローラが必須ですか?
一部のラインナップではモビリティ・コントローラは不要です。インスタントアクセスポイントは、アクセスポイント自体にバーチャルコントローラが内蔵されています。(型番の例: IAP-205-JP、IAP-215-JP、IAP-225-JP、IAP-325-JP等)
モビリティ・コントローラ用のライセンスにはLIC-AP、LIC-PEF、LIC-RFPがあると聞きました。違いについて教えてください。
  • LIC-AP
    モビリティ・コントローラでアクセスポイントを収容するために必須なライセンスです。収容するアクセスポイントの台数分のライセンスをご購入ください。
  • LIC-PEF
    モビリティ・コントローラのファイアウォール機能を使用するためのライセンスです。ファイアウォール機能はロールによるポリシー制御などに用いられるため、ご購入を推奨しております。
  • LIC-RFP
    モビリティ・コントローラの無線のIDS、IPS機能を使用するためのライセンスです。必要に応じてご購入ください。
(2016年6月1日時点)
AP-205の購入を検討していますが、マウントキットは付属していますか?
いいえ。マウントキットはオプションです。AP-200-MNT-W2、AP-220-MNT-W1、AP-220-MNT-W1Wのいずれかを購入してください。
AP-AC-UNとは何ですか?
屋内アクセスポイント用のAC電源アダプタ(18W)です。AP-205、AP-215をはじめ多くのアクセスポイントで使用できます。
AP-205とAP-205Hの違いはなんですか?
AP-205は壁や天井に取り付けることを前提とした製品となり、AP-205Hは卓上に置くことを前提とした製品となりますのでより簡易的に機器の設置が可能となります。
802.11acに対応したアクセスポイントはありますか?
はい。200シリーズ、210シリーズ、220シリーズ、270シリーズ、320シリーズが802.11ac Wave 1に対応しています。(型番の例:AP-205、IAP-205-JP等)また320シリーズは802.11ac Wave 2に対応しています。(型番の例:AP-325、IAP-325-JP)
(2016年5月16日時点)
アルバネットワークス社の802.11ac対応のアクセスポイントは、ソフトウェアのバージョンアップで11ac Wave 2に対応できますか?
いいえ。11ac Wave 1と11ac Wave 2は、アクセスポイントに内蔵される無線のチップセット自体が異なります。アルバネットワークス社製品に限らず、11ac Wave 1の無線チップセットはソフトウェアのバージョンアップで11ac Wave 2に対応することはできません。
屋外用のアクセスポイントはありますか?
はい。270シリーズが屋外用のアクセスポイントです。
(2016年5月16日時点)
マウントキットのAP-220-MNT-W1とAP-220-MNT-W2の違いは何ですか?
AP-220-MNT-W1はベーシックタイプ、AP-220-MNT-W2はセキュアタイプとなります。写真は黒色ですが、白色の型番も別途用意されています。
マウントキットAP-220-MNT-W1とAP-220-MNT-W2の違い
マウントキットのAP-220-MNT-W1WとAP-200-MNT-W2の違いは何ですか?
AP-220-MNT-W1Wはベーシックタイプ、AP-200-MNT-W2はセキュアタイプとなります。AP-200-MNT-W2は103シリーズ、200シリーズのアクセスポイントに対応しているセキュアタイプのマウントキットとなります。
マウントキットのAP-220-MNT-W1WとAP-200-MNT-W2の違い
アルバネットワークス社製品の管理画面は日本語化されていますか?
インスタントアクセスポイント、AirWave、ClearPassの管理画面は日本語化されています。モビリティ・コントローラの管理画面は、日本語化されていません。
アルバネットワークス社からクラウド管理型の無線LANは提供されていますか?
はい、クラウド管理サービスの「Aruba Central」を利用することでインスタントアクセスポイントを管理することができます。なお、インスタントアクセスポイントにはバーチャルコントローラが内蔵されているのでAruba Centralは必須ではありません。
(2016年6月1日時点)
インスタントアクセスポイントの購入を検討していますが、アクセスポイント本体以外にライセンス等は必要ですか?
インスタントアクセスポイントにはクラウド管理サービスなどのオプションのサービスが存在しますが、これらのサービスの購入は必須ではありません。なお、マウントキットやAC電源アダプタは別売のため、必要に応じてご購入ください。
(2016年6月1日時点)
Facebook Wi-Fiに対応していますか?
はい、インスタントアクセスポイントであれば本体のみでFacebook Wi-Fiに対応しています。
(2016年6月1日時点)
アクセスポイントに色を塗りたいのですが。
アクセスポイントに直接カラーリングされますとRMA対象外となります。そのため、カラーリングされたい場合は、別途アクセスポイントカバーをご購入いただき、カラーリングいただくことをお勧めいたします。
(2016年6月1日時点)

サポート関連

アルバネットワークス社製品のソフトウェアのサポートポリシーを教えてください。
アルバネットワークス社は2013年8月1日から以下のポリシーでサポートを提供しております。
ArubaOS
ファーストリリース日から18ヶ月が経過するとメンテナンスバージョンの提供が終了します。(EOD: End of Development)
ファーストリリース日から24ヶ月が経過すると全てのサポートが終了します。(EOST: End of Support)
InstantOS
ファーストリリース日から9ヶ月が経過するとメンテナンスバージョンの提供が終了します。(EOD: End of Development)
ファーストリリース日から24ヶ月が経過すると全てのサポートが終了します。(EOST: End of Support)
AirWave、ClearPass
ファーストリリース日から12ヶ月が経過するとメンテナンスバージョンの提供が終了します。(EOD: End of Development)
ファーストリリース日から24ヶ月が経過すると全てのサポートが終了します。(EOST: End of Support)

アルバネットワークス社サポートポリシー


(2016年5月16日時点)
各ソフトウェアバージョンや各ハードウェアのサポート終了日を教えてください。
以下のアルバネットワークス社のWebサイトを参照してください。

アルバネットワークス社End of Life

ソフトウェアやライセンスの保守を更新しないとどうなりますか?
ClearPassは、保守満了日を過ぎるとオンラインアップデートの機能が停止します。ArubaOSおよび各種ライセンス、InstantOS、AirWaveは、保守満了日を過ぎても製品上は機能制限は発生しません。保守を更新いただけない場合は、弊社からは各種サポートを提供することはできません。
(2016年5月16日時点)

その他

日本で購入したアクセスポイントを海外の拠点で利用する事ができますか?
電波に関する規制は各国で異なりますので、一概に判断できません。また、製品の型番や設定などにより海外で利用できない場合もあります。詳細はご購入元の代理店様にお問い合わせください。