2009.06.15
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、Interop Tokyo 2009でBest of Show Awardアプリケーション部門でグランプリ受賞

~米スプランク社製ITサーチエンジン「Splunk for Enterprise」~


Best of Show Award

ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社 (以下 マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋 正啓)は、この度、2009年6月8日~12日に開催されたInterop Tokyo 2009において、マクニカネットワークスの取り扱う米スプランク社製ITサーチエンジン「Splunk for Enterprise」がBest of Show Awardプロダクト部門、アプリケーション部門においてグランプリを受賞したことを発表いたします。

Interop Tokyo 2009では、300を越える出展社がネットワークに関するさまざまな製品やソリューション、サービスを展示します。その中から今年のテーマにふさわしい、最も優れたものを決めるのが、“Best of Show Award”です。 IT業界有識者による厳正な審査や、来場者の投票によって選ばれ、部門によっては「該当なし」も出る厳しい審査です。製品・ソリューション・サービスは、まさに今年を代表する、新しいネットワーク環境を牽引していくにふさわしいものと言えます。

Best of Show Award アプリケーション部門でグランプリに輝いた、ITサーチエンジン「Splunk for Enterprise」

アプリケーション部門でグランプリを受賞した「Splunk for Enterprise」は、ネットワーク機器やパソコン、サーバなど複数の機器や、アプリケーションから出力されるログデータやConfigデータをリアルタイムに収集・蓄積し、検索、アラート、レポーティングを行うITデータ全体を対象とした収集、解析ツールです。テキストデータであれば取り込みが可能で、ログフォーマット等を問わず、メールやシステムの起動、シャットダウン、アクセス権変更のログなど、あらゆる種類のデータを一元管理し検索や分析を行なうことができるため、ネットワーク監視をはじめ、IT全般統制で重視されるアクセス権やアプリケーションの変更管理など、さまざまな分野に活用することが可能です。

ログ・ITデータの「管理」を超えて、自由に「検索」をするという新たなコンセプトをもって登場した『ITサーチエンジン』 という新テクノロジーが、今回高く評価されました。
2004年に米国で創設されて以来、米国でも数々の賞を受賞しており、2008年には米国のBest of Interop賞(ネットワークマネジメント、ソフトウェア&サービス部門)も受賞しています。
マクニカネットワークスは、2009年1月より米Splunk, Inc.と国内一次代理店契約を締結し、国内販売を展開しています。

製品に関するお問い合わせ先

Interop Tokyo 2009公式サイト

スプランク社 会社概要

米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くスプランク社は、世界でもトップクラスのIT企業において検索エンジンなどの開発に携わっていたMichael Baum、Rob Das、Erik Swanの3名によって2004年に設立されました。同社が、“ ITサーチエンジン” と呼ぶ革新的なソリューションは、既に1000社以上に採用されています。監査やコンサルティングなどのサービスをグローバルに提供するデロイト によって、スプランク社はシリコンバレーで最速の成長企業(設立3年から5年の企業を対象)に選ばれました。

スプランク社Webサイト

報道機関お問い合わせ先

  • マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
  • TEL: 045-476-1960
  • 〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
  • 広報企画推進課 小澤

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。