2009.12.17
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、オープンテキスト社製PC Xサーバ最新バージョン「Exceed 14J」 Windows 7対応版を発表

ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がけるマクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋 正啓)は、この度、Open Text Corporation.(以下、オープンテキスト社、本社:カナダ・オンタリオ州 President & CEO:John Shackleton)製PC Xサーバソフト「Exceed」の日本語版最新バージョンのリリースおよびWindows 7への対応を下記の通り発表いたします。

商品名 Exceed 14J (日本語版)
価格(税込み) \81,900 (1ユーザ単価)  ※サイトライセンス価格あり
販売開始予定 2010年2月初旬
日本語版開発元
および
国内総代理店
マクニカネットワークス株式会社

ExceedはWindows PCからネットワーク上にあるUNIXのX Window アプリケーションを利用可能にするPC Xサーバソフトウェアです。1990年の国内発売開始以来、様々な業種のCAD/CAEエンジニアや、金融機関、教育・研究機関、官公庁など多くの分野のUNIX/Linuxユーザへの導入実績を有しています。

この度、発表するExceed最新版「Exceed 14J」では、動作環境として新たにWindows 7、Windows Server 2008をサポートし、 X Window Systemのバージョン「X11R7.4」にもいち早く対応します。
先にオープンテキスト社よりリリースされた英語版「Exceed 14」では、Windows 7との高い互換性を持つ製品に与えられる「Compatible with Windows 7」を取得しています。加えて、Citrix社 XenAppとExceedを組み合わせた仮想化環境においてより優れた動作安定性をご提供するため、「Citrix Ready」の認定も取得しています。

マクニカネットワークスはオープンテキスト社よりソースコードの開示を受け、日本語版の開発を行っているため、日本語版製品においても同等の親和性、安定性を提供いたします。日本語版販売開始は、2010年2月初旬を予定しており、価格は従来と同じ1ユーザ\81,900~(サイトライセンス価格あり)です。

Exceed 14J 主な特徴

  • Windows 7サポート
  • Windows Server 2008サポート
  • Citrix Presentation Server for Windows platformsサポート
  • X11R7.4準拠

また、Exceed 14Jリリースにあわせ、Exceed用アドオンソフトウェアである下記製品に関しても同時にリリース予定です。
(注:ExceedとExceed用アドオンソフトウェアを併せてご利用いただく場合、同一バージョンである必要があります。)

  • ・Open Text Exceed 3D 14(OpenGL対応用プログラム)
  • ・Open Text Exceed Freedom 14(低帯域、距離遅延用の高速化プログラム)
  • ・Open Text Secure Shell 14(SSH暗号化プログラム)
Exceed 14J 主な特徴

製品に関するお問い合わせ先

オープンテキスト社 会社概要

カナダのオープンテキスト社は、Enterprise Content Management (ECM)分野における世界最大手の独立系企業です。オープンテキスト社のHummingbird Connectivity部門では、どんなタイプのレガシーシステムにでも接続を可能とする統合的な基幹ネットワーク技術を提供しています。
マクニカネットワークスは、1990年の国内発売開始以来、日本語版開発元および国内総代理店として、ローカライズおよび販売を行っております。

オープンテキスト社(旧ハミングバード社:Open Text Connectivity Solutions Group)

報道機関お問い合わせ先

  • マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
  • TEL: 045-476-1960
  • 〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
  • 広報企画推進課 小澤

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。