2010.02.02
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、文藝春秋へ Omniture製SaaS 型ウェブ解析ソリューション「Omniture SiteCatalyst®(オムニチュア サイトカタリスト)」を提供

~TwitterやWebの効果測定と雑誌媒体のクロスメディア戦略に活用~


ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社 (以下 マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋 正啓)は、この度、株式会社文藝春秋(以下 文藝春秋、本社:東京都千代田区紀尾井町3番23号、社長:平尾隆弘)のWebサイトおよびSports Graphic NumberのWebサイト「Number Web」へ、米国のアドビ システムズ社傘下のOmniture(オムニチュア)製SaaS 型ウェブ解析ソリューション「Omniture SiteCatalyst®(オムニチュア サイトカタリスト)」を提供したことを発表いたします。

文藝春秋は、2009年4月に10周年を迎えたスポーツ情報サイト「Number Web」を外部ポータルサイトの運用から自社単独の運用に変更し、自社営業による広告収入などを目的としてリニューアルいたしました。リニューアルに際し、従来のログ型アクセス解析ツールから広告の効果測定ができるアクセス解析ツールを検討していました。
文藝春秋は、こうしたニーズに応えることができ、さらにメルマガやバナー広告、検索エンジン連動型広告などの効果測定がすぐにレポートできるようなソリューションを検討した結果、「Omniture SiteCatalyst」の導入を決定しました。

文藝春秋は今回の導入によって、Number Web の記事ランキング、記事サイト間の相関関係、閲覧者の閲覧時間、閲覧曜日など、ページごとの細かいユーザの閲覧行動を把握することによって、効果的なコンテンツとユーザ行動の分析が可能になりました。
さらに今年注目されている、ソーシャルメディアの1つである、ミニブログ、Twitterからの流入効果を測定することで、従来と異なった、新たなマーケティングチャネルに対しても効果測定が可能になりました。

文藝春秋は創刊30周年に関連する各種企画のほか、2010年2月から開催される第21回冬季オリンピックや、6月に開催されるサッカーの第19回ワールドカップの内容についてもNumber Webを通じて特集を行い、本SiteCatalyst によって、お客様に最も魅力あるサイトを作り上げていく予定です。また今後は、ユーザが参加するCGM系コンテンツの充実と分析にも力を入れて行きます。

弊社Omniture 担当マーケティングの鈴木富士雄はこう述べます。「紙のメディアとデジタルメディアは相互に補完しあっています。近年メディアサイトへの誘導のチャンネルには従来のメルマガ、バナ-広告、検索エンジン広告に加え、Twitter、SNSなどユーザ主体のソーシャルメディアが注目されています。文藝春秋様は歴史ある出版会社でありながら、デジタルメディアへの取り組みも積極的に行われており、弊社ではソーシャルメディアや電子書籍の解析を行う事で、SiteCatalyst を新規顧客創造に対しての投資効果判断に生かせることができ、うれしく思います。」

SiteCatalyst の特長

SiteCatalyst は現在アクセス解析ツールの主流となる、タグ型の解析ソリューションです。SaaSで提供され、解析サーバの設置、運用、管理工数が不要となり、レポートの自動作成、レポートの自動配信機能をもち、さらに各種マーケティングキャンペーンとの連動、効果測定ができ、常に最新のオンラインマーケティングデータを取得する事が可能になります。また強固なログインセキュリティ機能、収集したデータの保管機能により、企業にとって重要なアクセス解析データの機密情報も保たれています。

クリックマップ
twitter

オムニチュア 会社概要

米国Adobe Systems Incorporated のビジネスユニットであるオムニチュアは、オンラインビジネスを最適化するためのソフトウェアをオンデマンドのSaaS モデルで提供しています。オムニチュアのソフトウェアは、お客様のウェブサイトやその他のシステムで生成される情報の収集と蓄積を行い、その情報を解析することでオンライン、オフライン、及びマルチチャネルのマーケティング活動や販売活動などにおける投資対効果の向上や収益向上などビジネス課題の解決を支援します。またソフトウェアに加えて、より高い導入効果を実現するための導入支援サービス、コンサルティングサービス、カスタマーサポート、及びユーザー教育を提供しています。 オムニチュア株式会社(本社:東京都渋谷区)は2006 年1 月に設立され(日本でのサービス提供開始は2005 年4 月)、これまでに花王株式会社、株式会社千趣会、日本放送協会、楽天株式会社、株式会社リクルート(五十音順)など300 社以上の導入実績があります。

www.omniture.com/jp

マクニカネットワークスは、オムニチュア社国内販売当初からの技術認定販売代理店として、「SiteCatalyst」については、2005年6月より販売を開始しています。顧客にはイー・アクセス、沖電気、新星堂、スズキ、バイエル薬品、ハピネット・オンライン、マネックス証券(五十音順)などへ導入実績があります。

製品に関するお問い合わせ先

報道機関お問い合わせ先

  • マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
  • TEL: 045-476-1960
  • 〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
  • 広報企画推進課 小澤

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。