2016.10.04
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、早期ログ分析基盤構築と
継続運用を実現する「ログ分析スタートパック」の提供を開始

ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、インテル セキュリティ(日本での事業会社:マカフィー株式会社、所在地:東京都渋谷区道玄坂1-12-1、代表取締役社長:山野 修)と共同で開発した、ログ分析基盤の早期構築、運用を可能にする「ログ分析スタートパック」の提供を開始することを発表致します。

サービス名称 ログ分析スタートパック
提供開始日 2016年10月 4日

近年、サイバー攻撃はますます高度化し、外部からの攻撃を100%止めることは非常に難しい状況です。そのため、攻撃の予兆検知や定期的なモニタリングに加えて、感染後の被害原因の特定や解析を速やかに実現するためのログ調査の必要性が高まっています。しかし、ログ分析基盤の導入にあたっては、実装や運用におけるノウハウ不足やリソース不足などの課題から、導入を進めることが難しい企業も少なくありません。

この度、マクニカネットワークスが提供を開始する「ログ分析スタートパック」は、ログ分析基盤を迅速に構築し、外部脅威の早期発見、早期対応および継続運用の実現を支援することを目的としたサービスです。本サービスは、McAfee© Security Information and Event Management(以下、McAfee SIEM)をベースとして、重要なインディケータ情報が残りやすいファイアウォール、プロキシ、アクティブディレクトリのログにポイントを絞り、これらに特化した相関分析ルールやダッシュボードを提供します。また、基盤構築後の運用トレーニングや、過検知や誤検知のチューニング、新たな用途への対応など、導入後の課題を年間で支援します。

本サービスをご利用いただくことにより、導入前に求められる環境固有の要件整理や、相関分析ルールの開発に時間をかけることなく、スピーディなログ分析基盤の構築が可能です。また、導入後の運用課題に対して経験豊富なマクニカネットワークスのエンジニアが年間でサポートを行なうため、効果的な運用を継続することが可能です。
さらに、マクニカネットワークスは日本で数少ないService Delivery Specializationの認定パートナーであり、インテル セキュリティ公認の「McAfee SIEMハンズオントレーニング」を、毎月無償で開催しています。
なお、10月18日(火)には、インテル セキュリティと合同で「ログを活用した標的型攻撃対策の極意 ~組織・構築・運用すべてのヒントがここに~」と題したセミナーを開催いたします。本セミナーの基調講演には、東京大学 情報学環 特任准教授 満永 拓邦 氏を招聘し、サイバー攻撃対策における体制づくりとログの活用法を解説いただくとともに、具体事例を交えたログ分析基盤構築のポイントをご紹介します。

マクニカネットワークスは、今後もインテル セキュリティの製品に精通した専任エンジニアによる導入・運用支援、トレーニングにより、サイバー攻撃による被害を最小限とするためのノウハウのご提供、サービスの拡充を積極的に行ってまいります。

※Service Delivery Specializationとは

インテル セキュリティが定める「インテル セキュリティパートナープログラム」のうちの一つで、McAfee SIEMなど設計・構築に特別なスキルを必要とするいくつかの製品を提供する際に必須となる認定資格。
3名以上の有資格者の在籍が認定パートナーの条件であり、認定パートナーは構築における支援サービスやインテル セキュリティのトレーニングクレジットを取得できるトレーニングやセミナーの実施が可能。

インテル セキュリティ様からのエンドースメント

インテル セキュリティは、マクニカネットワークス様のこの度の「ログ分析スタートパック」の提供開始を心から歓迎します。高度なサイバーセキュリティ対策を検討中の企業が、外部からの攻撃の痕跡が残りやすいセキュリティ機器のログ情報に特化した本スタートパックを利用することで、リソース、ノウハウ、初期コストといったログ情報の管理・分析基盤導入の高いハードルを取り除き、効果的なログ管理・分析基盤を構築することができます。高度なサイバーセキュリティ対策とMcAfee SIEMの活用で豊富な実績と高い知見を持つマクニカネットワークス様が提供する新サービスが、導入企業のセキュリティ向上に大きく貢献するものと確信しております。

インテル セキュリティ
代表取締役社長 山野 修

ログ分析スタートパックの特長

  • 高度サイバー攻撃に特化したユーザ様専用分析ルール
    マクニカネットワークスがカスタマイズした相関分析ルールによりセキュリティ脅威をリアルタイムに検知
  • チューニング
    ユーザ様ごとに最適な相関分析ルールをチューニング
  • 導入後の運用支援
    運用者育成に向けたトレーニング、定期フォローアップサービス

ログ分析スタートパック提供メニュー

コース コース概要 対象機器
トライアル
  • ログ一元管理/可視化を最小限の機器で実装
  • マクニカネットワークスが提供するインディケータ情報を利用し、以下を検出
    1. ファイアウォールログからマルウェア感染の疑いのある端末を検知
    2. アクティブディレクトリ認証ログから感染拡大、権限昇格の挙動を検知
ファイアウォール
アクティブディレクトリ
認証ログ
ベーシック
  • 将来的に拡張可能な構成で、最小限の機器で実装
  • マクニカネットワークスが提供するインディケータ情報を利用し、以下を検出
    1. プロキシログからマルウェア感染、C&Cサーバ通信の疑いのある端末を検知
プロキシ
アドバンス
  • 高度なセキュリティ運用基盤の確立(2年から3年を想定)
  • システムの連動性を高めた高度な防御や、一次対応の自動化などを視野に運用を抜本的に改善します。
要相談

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Intel Security製品担当
TEL:045-476-2010

ログ分析スタートパック詳細

McAfee SIEM製品詳細

McAfee SIEMハンズオントレーニング詳細

10月18日(火)セミナー詳細

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 竹前(たけまえ)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。