2014.02.20
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、セキュリティ対策の“真”の統合を図るアプライアンス McAfee Advanced Threat Defenseを提供開始

~世界最高水準の検知エンジンと静的コード解析技術を融合しマルウェアに対抗~


ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がける マクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋正啓)は、この度、マカフィー株式会社(以下 マカフィー、本社:東京都渋谷区道玄坂1-12-1、代表取締役社長:ジャン・クロード・ブロイド)が提供する、世界最高水準の検知エンジンと静的コード解析技術を融合し効果的なマルウェア検知を実現する最新の標的型攻撃対策アプライアンス、McAfee® Advanced Threat Defense(マカフィー アドバンスド スレット ディフェンス)の提供を開始することを発表いたします。

製品名 McAfee Advanced Threat Defense(マカフィー アドバンスド スレット ディフェンス)
提供開始日 2014年2月20日

※機器、保守などの費用につきましては別途お問い合わせください。

激化する企業や国家に対する標的型攻撃に使用されるマルウェアは高度化・秘匿化しており、マルウェアへの対策は緊急かつ重要な課題となっています。従来のシグネチャベースでの対策は、既知のマルウェアを検知するためには引き続き有効な対策ですが、日々進化を続ける未知のマルウェアを検知するためには、従来のソリューションのみならず、最新のソリューションを組み合わせた対策が必要となってきています。
一方で、マルウェアへの対策として様々なセキュリティ製品を導入しているものの、部分的にしか活用していない、再発防止策が十分に検討されていないなどの理由により、せっかく導入したセキュリティ製品が有効に機能していないケースが散見されます。

そこで、この度提供を開始するMcAfee Advanced Threat Defenseは、アンチウイルスシグネチャやファイルレピュテーション、エミュレーション(Gateway Anti Malware)、サンドボックスなど世界最高水準の検知テクノロジーを組み合わせて、高度化・秘匿化されたマルウェアへの効果的な対策を実現するアプライアンスです。さらに、IPS/IDS製品やWeb Gateway製品など他のMcAfee製品とのシームレスな連携が可能なため、マルウェアの検知のみではなくリアルタイムでの不正通信防御など包括的な対策の実現といったセキュリティ対策の真の統合を図ることも可能です。

McAfee Advanced Threat Defenseを導入することで、情報システム管理者は既知・未知のマルウェアの検知はもちろん、セキュリティ製品の統合により部分的な対策が生んだセキュリティレベルの不整合の問題解決も可能になります。また、包括的な脅威への対策による運用負荷及びコストの低減を図り、プロアクティブなセキュリティ対策の検討・計画・実行に集中することで再発防止策の十分な検討が可能になります。

マクニカネットワークスは、マカフィー製品に精通した専任エンジニアによる仕様確認、事前検証、構築支援、運用トレーニングなど様々な支援メニューと運用後のテクニカルサポートを通じて、お客様環境におけるセキュリティ課題の解決を図るべく、ご提案からサポートまでのトータル支援を提供してまいります。

McAfee Advanced Threat Defenseの特長

  • マルウェアの検知/解析
    1. 「ダウンセレクター(※1)」及び「サンドボックス」エンジンにて検知、解析
    2. 静的コード解析により、オリジナルコードに到達するための「アンパック(※2)」や「リバースエンジニアリング」を独自技術で実施

      McAfee Advanced Threat Defenseの特長

  • 解析結果レポートの充実
    1. 各解析段階での危険度・重要度を明示的に表示
    2. 静的コード解析による既存マルウェアとの類似性の表示
  • 他McAfee製品との連携(※今後更に拡張予定)
    1. McAfee Network Security Platform(IPS/IDS)
    2. McAfee Web Gateway(プロキシ/URLフィルタ/Web AV)

      解析結果レポート

      解析結果レポート

      解析結果レポート

(※1)「ダウンセレクター」とは、ローカルブラックリスト、ローカルホワイトリスト、McAfee AVシグネチャ、GTIファイルレピュテーション、エミュレーションなどの解析を高速に行うエンジンの総称

(※2)「アンパック」とは圧縮・難読化されたファイルを展開すること

製品に関する詳細

http://www.macnica.net/mcafee/atd_index.html

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
McAfee 製品担当
TEL: 045-476-1960

マカフィー 会社概要

会社名 マカフィー株式会社(McAfee Co., Ltd.)
資本金 4億8000万円
設立 1997年7月
本社所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ ウェスト20F
代表者 代表取締役社長 ジャン・クロード・ブロイド
従業員 375名(2013年2月1日現在)
ウェブサイト

http://www.mcafee.com/japan/

事業内容 ネットワークセキュリティソフトウェア及びハードウェア製品の開発、販売、保守サービスの提供

報道機関問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
TEL: 045-476-1960
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 豊田(とよだ)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。