2011.10.21
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、ジュニパーネットワークス社製、仮想ファイアウォールの最新バージョン「vGW Virtual Gateway 5.0」を販売開始

~アンチウィルス保護機能追加でセキュリティを更に強化~


ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がけるマクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋 正啓)は、この度、ジュニパーネットワークス社製仮想ファイアウォール製品の最新バージョンで、アンチウィルス保護機能が強化された「vGW Virtual Gateway 5.0」の販売を下記の通り開始することを発表いたします。

商品名 vGW Virtual Gateway 5.0 (ヴイジーダブリュー ヴァーチャルゲートウェイ)
価格 マクニカネットワークスまでお問い合わせください
販売開始予定日 2011年10月21日

vGW Virtual Gateway(以下、vGW)はプライベート・クラウド及びパブリック・クラウド環境に最適な仮想ファイアウォールです。従来型のファイアウォール製品は、システムのセグメント単位でのアクセス制御に加えて仮想マシン間の制御が必要となるため、パフォーマンスの低下や設定の複雑さが懸念されていました。それに対してvGWは、ハイパーバイザ上で全体のセキュリティチェックを行うため、ネットワークに負荷をかけずに監視を行うことができ、仮想マシンごとにセキュリティチェックを行う従来型のファイアウォール製品に比べ、ハイパフォーマンスを発揮します。また、物理環境に依存することなく仮想環境に最適なポリシーを設計して自動で適用するため、設計と運用にかかる負荷を大幅に軽減します。具体的にはVMware vCenter(以下、vCenter)との緊密な連携による自動的なセキュリティポリシー適用・ネットワークモニタ・イントロスペクションなどの機能によって、仮想化のメリットを最大限に発揮しながら、さまざまなセキュリティ要件に柔軟に対応できる仮想環境の構築をこれまで実現してきました。vGW Virtual Gatewayは、ジュニパーネットワークスが2010年12月に買収した旧アルターネットワークス社の製品で、買収にともないジュニパーネットワークス社の製品群に加わりました。

今回販売を開始する「vGW Virtual Gateway 5.0」では、新たにアンチウィルスの機能が追加され、ファイアウォール機能に留まらないより高度なセキュリティソリューションを仮想環境にも提供することができるようになります。また、複数拠点の一元管理や逆に一拠点の分散管理といった大規模なvCenter環境を想定したインストールオプションも実装されました。これにより、大規模な環境においても、さまざまなお客様の運用ポリシーに更に柔軟に対応することが可能となります。

マクニカネットワークスは、仮想化システムを導入している企業、大学や官公庁などのエンドユーザをはじめ、データセンターなどのクラウドサービスを手がける事業者に向けて、仮想環境に最適なセキュリティソリューションを積極的に展開してまいります。

vGW Virtual Gateway 5.0拡張された主な機能

  • ハイパーバイザ組み込み型アンチウィルス
    エージェントレスによるオンデマンド(スケジュール)スキャン、軽量エージェントを組み込むことによるオンアクセス(リアルタイム)スキャンの両方をサポートします。課金単位はESXホストのソケット単位となり、VM数に依存しません
    ハイパーバイザ組み込み型アンチウィルス
  • 大規模vCeter環境向けインストールオプション マルチセンター/スプリットセンター
    1. マルチセンター
      1台のvGWセンターにより、複数のvCenterをサポートします。複数拠点や管理上の必要性により複数vCenterを利用されていても、一元化したセキュリティポリシーが適用可能です。
    2. スプリットセンター
      1つのvCenter内に複数のデータセンターが存在する場合に、vGWをデータセンターごとにインストールします。これは1つのvCenter内で独立した管理を行う場合に、セキュリティポリシーも完全に独立とするものです。
  • vNICごとのカスタマイズ可能なセキュリティポリシー
    より複雑な仮想ネットワークを想定したセキュリティ要件にも対応できるようになります。
  • イントロスペクションのLinux対応
    イントロスペクション機能はインストールされているアプリケーションを識別し、これをセキュリティポリシーの判定基準の一つとして利用する機能です。これまではWindowsOSのみの対応でしたが、Linuxに対応しました。RedHatまたはCentOSをサポートしています。
  • ゴールドイメージとコンプライアンス
    マスターのVMイメージとの差分を検出することにより、セキュリティのベースライン向上を目指します。

提供形態

ソフトウェア

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
vGW Virtual Gateway 製品担当
TEL : 045-476-2010
URL : http://www.macnica.net/altor/

ジュニパーネットワークス 会社概要

会社名 ジュニパーネットワークス株式会社
資本金 9,500万円 (100% Juniper Networks, Inc.)
設立 1999年 3月
代表取締役
社長
細井洋一
会社所在地 東京本社 〒163-1445 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティータワー45階
西日本事務所 大阪市中央区北浜1-1-27 グランクリュ大阪北浜
ウェブサイト http://www.juniper.net/jp/jp/
決算月 12月

ジュニパーネットワークス株式会社

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
TEL: 045-476-1960
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 宮本

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。