2016.09.13
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、大手企業のキャンペーン/プロモーションサイト制作を手掛ける株式会社フォークへ
ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub Enterprise」を販売

~開発者と非開発者を繋ぐコラボレーション基盤を構築し、開発品質の向上と業務効率化を実現~


ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:池田 遵)は、大手企業のキャンペーンサイト・プロモーションサイト制作を手掛ける制作会社である株式会社フォーク(以下 フォーク、本社:東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル4F、代表取締役社長:佐藤  剛)へ、企業向けソフトウェア開発プラットフォームとして販売代理を行う GitHub Enterprise を販売したことをお知らせいたします。

フォークは、Webサイトの企画・制作・開発・サーバホスティング・コンタクトセンターを一社に集約したワンストップソリューションを展開する制作会社で、主に大手・有名企業のキャンペーンサイト/プロモーションサイトやブランドサイトの制作・開発・運用業務を行っています。事業の拡大に伴い、開発者同士はもちろん、ディレクターや制作者など非開発者との共同作業をより効果的に行い、制作物の品質向上ならびに業務効率化を実現するためのコラボレーション基盤を検討した結果、GitHub Enterpriseをご採用頂きました。また、導入の決め手として、「競合他社との比較において優位性を示すことができ、エンジニアの採用活動においても魅力的なツールである」と考えられた点も挙げられました。

GitHub Enterpriseを導入後、同社では「プルリクエスト機能」を活用することで、ソースコードレビューが以前より短時間で効率的に実施できるようになり、問題の早期発見も可能となりました。さらに、ソースコードの追加修正を行った際にGitHub Enterprise上でコンフリクトの有無を自動判定しテスト環境で素早く動作確認をすることが出来るようになりました。

今後フォークでは、従来利用していたバージョン管理ツールやプロジェクト管理ツールからもコンテンツを移行し、全社員が会社資産を利活用できる環境を整えていく予定です。また、GitHub Enterpriseを徹底的に浸透させることで、有識者の開発ノウハウやナレッジを他開発者にも共有し、組織全体での開発力向上を目指します。

マクニカネットワークスは、日本オフィスも成長拡大中であるGitHub社の国内販売代理店として、今後も企業の開発品質や業務効率化を実現する基盤としてGitHub Enterpriseを積極的に提案してまいります。

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
GitHub社製品担当
TEL:045-476-2010

http://www.macnica.net/github/

プレスリリースに関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010 FAX: 045-476-2060
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 竹前(たけまえ)
E-mail:press@cs.macnica.net

フォーク 会社概要

会社名 株式会社フォーク
資本金 1億円
設立 1999年 5月 6日
本社所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル4F
代表取締役
社長
佐藤 剛
ホームページ

https://www.fork.co.jp/

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。