2016.05.10
マクニカネットワークス株式会社

マクニカネットワークス、東計電算へCrowdStrike社製の次世代
エンドポイント型標的型サイバー攻撃対策「Falcon Host」を提供

~従来の対策が通用しない標的型サイバー攻撃を防ぎ、運用管理の負担も大幅に軽減~


ネットワーク機器やセキュリティ対策ソリューションを提供するマクニカネットワークス株式会社(以下、マクニカネットワークス、本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長 池田 遵)は、株式会社東計電算(以下、 東計電算、本社:神奈川県川崎市中原区市ノ坪150、代表取締役会長:甲田 博康)へ、米国CrowdStrike, Inc.(以下、クラウドストライク社、本社:米国カリフォルニア州アーバイン、CEO:George Kurtz)が提供する次世代エンドポイント型標的型サイバー攻撃対策製品「Falcon Host(ファルコン ホスト)」を提供したことを発表いたします。

業種・業務別ソリューションの提供、情報処理のアウトソーシング・ビジネス、ネットワークシステムの開発・運用の三分野をコア・ビジネスとして手がけるICTソリューションベンダーの東計電算は、その高度な技術力を背景に、受託開発からデータセンターにおける顧客システムのホスティング運用管理、サポートまで、トータルにソリューションを提供しています。お客様向けのサービスについては常に最新のセキュリティ対策を講じる一方で、社内システムやネットワーク、端末の他、開発環境などの社内向け投資については、各部門が独立採算制でビジネスを展開し個々の部門で投資を行うため一元的な対策の実施が難しく、セキュリティ対策のレベルが統一されていませんでした。しかし、標的型サイバー攻撃を中心に未知の攻撃がますます増えていくと予測されることから、社内システムにおいても高度なセキュリティ対策が必要と考え、「Falcon Host」を採用しました。

東計電算では細かく部署が分かれているうえ、お客様の環境に対応するため多種多様なハードやOSが存在し、また個々の環境も異なるため、セキュリティを強化できるだけでなく運用管理が煩雑にならない対策を選ぶ必要がありました。
「Falcon Host」は従来の対策では検知できなかった未知のマルウェアやゼロデイアタックを検知、防御でき、攻撃の痕跡を記録もできるうえ、クラウドストライク社のSOC(Security Operation Center)でセキュリティのエキスパートが24時間365日体制で監視しています。さらに、万が一の際にもフォレンジック機能によりマルウェアが何を行ったかが詳細に分かるため、例えレジストリが改ざんされていたとしてもシステム修復も容易です。
また、運用管理の面でも、クラウド型サービスのため管理サーバなどを立てる必要がなくスケーラビリティに優れており、社内のネットワーク環境を整えるといった運用管理に煩わされることもありません。さらに運用管理の負担の大部分となるアラートの“判断”はマクニカネットワークスが一旦フィルタリングを行います。そのため、日々の運用管理の負担も最低限で済みます。

「Falcon Host」の導入により、運用管理の負担を大幅に軽減しながら高度なセキュリティ対策を実現した東計電算では、「Falcon Host」のノウハウを蓄積し、独自の付加価値に換え、「Falcon Host」を自社サービスへ活用することも展望に入れています。

マクニカネットワークスは、クラウドストライク社の国内総代理店として、これからも高度なサイバー攻撃対策を提供することで、お客様のITシステムを防御する一助となれるよう活動してまいります。

製品に関するお問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
CrowdStrike製品担当
TEL:045-476-1960

http://www.macnica.net/crowdstrike/index.html/

株式会社東計電算 会社概要

東計電算は、1970年4月1日に創立以来、様々な分野の企業、団体に向けてICTソリューションを提供してきました。 現在は「業種・業務別ソリューションの提供」、「アウトソーシング・ビジネス」、「ネットワークシステムの開発・運用」という三分野をコア・ビジネスとして事業を展開しています。

会社名 株式会社東計電算
資本金 13億7015万円
本社所在地 〒211-8550 神奈川県川崎市中原区市ノ坪150
代表者 代表取締役会長 甲田 博康
ウェブサイト

https://www.toukei.co.jp/

事業内容
1. 業種・業務毎に専門特化したソリューションの提供(製造業、流通業、住宅関連業、建設業、小売業、物流業、公共事業、機械制御分野、放送・通信分野、外食産業他サービス業等)
2. 免震装置と自社開発のセキュリティシステム等を備えたデータセンターを活用したアウトソーシングサービス(汎用機からサーバ機までの運用管理)
3. 海外を含めたネットワークサービス等のコンピュータ・情報処理に関する全般業務

クラウドストライク社 会社概要

クラウドストライク社は、大企業や政府機関による極めて機密性の高い知的財産や国家機密情報の保護の支援に焦点を置いたセキュリティ・テクノロジ企業です。「ビッグデータ」テクノロジーを利用し、標的型攻撃への戦略的対策を講じる革新的なアプローチを開発しています。同社のミッションは、企業の知的財産に対するセキュリティのあり方をサービスとテクノロジーの両面を通じて、根本的に変革することです。クラウドストライク社は、元Foundstone社のCEOでMcAfee社のWorldwide CTOであったジョージ・カーツ氏が、元McAfee社のVP Threat Researchであったドミトリ・アルペロヴィッチ氏と元Networks in Motion社のCFOであったグレッグ・マーストン氏と共同で設立し、米国および世界での事業をリードしています。

http://www.crowdstrike.com/

報道機関お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社 http://www.macnica.net/
TEL: 045-476-2010
〒222-8562 横浜市港北区新横浜1-5-5
広報担当 竹前(たけまえ)

お問い合わせフォーム

※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。