サイトマップ英語ページお問い合わせ
マクニカネットワークス クラウドID連携、ユーザーID認証、シングルサインオン、Ping Identity、PingFederate
お問い合わせ
home

Ping Identity Ping Identity

PingFederate クラウドアイデンティティ連携ソフトウェア

クラウドアイデンティティ連携ソフトウェア

こんなお悩み抱えていませんか??

ガバナンス【内部統制】

  • 全社員のID/PW管理
  • 毎回変更されるPWの管理と追跡
  • 入退社員の管理
  • 外部からのアクセス情報の追跡
  • 外部でアプリケーションを利用した際の管理

リスク管理

  • 情報漏えいのリスク
  • IDとPW管理の煩雑化
  • 外部からの成りすましアクセス
  • 同一パスワードの使い回し
  • フィッシング攻撃のリスク

グローバル化ビジネス

  • 海外現地法人を設立したが、ドメインはバラバラ
  • 海外や国内企業と合弁会社を設立したが、ADが統一できない
  • 各国でADが立っているが統一できていない
  • 各国のADで日本の業務アプリを利用させたい

業務効率化

  • 度重なる社員からヘルプデスクへの問い合わせ
  • IDとPWの複数保持によるアプリ利用の敬遠
  • 1度のログインに対する手間と時間の負担

悩みを解決するソリューションはフェデレーションシングルサインオン

ID連携(フェデレーション)― イメージ

  • 予め日本と米国は信頼関係にある
  • 日本で手続きを行って発行されたパスポートは米国入国の際、日本国民(信頼関係のある国から来た)である証明書となる
  • 書類手続き(パスワード)やその他個人情報を再記入せずに、入国完了
ID連携

実際のID連携(フェデレーション)では

  • 予め企業内認証基盤とサービスプロバイダは信頼関係にある
  • 企業で認証された情報をPingFederateを介し、トークン(証明書)を発行する
  • 信頼関係である企業から発行された認証トークンの内容を確認し、サービス利用開始
実際のID連携

最新の業界標準プロトコルを持ったフェデレーションソフトウェア PingFederate

既にある AD や LDAP 等の IdM 製品はそのままに、オープンかつセキュアな ID 連携の標準プロトコルを利用して、SaaS /クラウドへのセキュアなシングルサインオン( SSO )、企業/組織間のクロスドメイン SSO、B2B/B2C ポータルの SSO 対応・ソーシャルログイン対応が可能です。
 

PingFederate

様々なシーンで利用できます

使用したいアプリケーションの種類や企業内環境に応じて、各企業様のお悩みに合わせたデザイン設計が可能です。

利用例 ①

クラウドSSO
Office 365, Google Apps,Salesforce, WebEx, Box他、300以上のSaaSにSSO

クラウドSSO

利用例 ②

クロスドメインSSO
海外現地法人やグループ会社からそれぞれの拠点の認証で本社/DCの共通基盤にSSO

クロスドメインSSO

利用例 ③

ポータルのSSO対応
顧客/取引先企業内の認証やFacebookやGoogle等の認証を使ってポータルにSSO

ポータルのSSO対応

Ping Identity社

~アイデンティティ・セキュリティ分野の業界リーダー~
Ping Identity社は、安全なプロフェッショナルアイデンティティとパーソナルアイデンティティこそが、つながった世界での人類の進歩を支える基盤であると考えています。弊社のアイデンティティ&アクセス管理プラットフォームを導入すれば、顧客も従業員も、あらゆるデバイスからあらゆるアプリケーションにワンクリックでアクセスできるようになります。Fortune 100企業50社を含む1,000社以上の企業が、数々の受賞歴を誇る
Ping Identity社の製品を活用して、何億人ものユーザーにすばらしいデジタルワールド経験を提供しています。


お問い合わせ

Ping Identity
製品担当
045-476-1980