Attivo Networks
アティーボネットワークス
こちらの製品に関するお問い合わせはこちらから
資料請求 お問い合わせ
MENU

Attivo Networks

アティーボネットワークス

攻撃者を騙し、おびき寄せ、閉じ込める“Deception(騙し)テクノロジー”-標的型サイバー攻撃対策の新常識! 誤検知ゼロのAttivo ThreatMatrixとは-

攻撃者を騙し、おびき寄せ、閉じ込める“Deception(騙し)テクノロジー”

我々はこれまで標的型サイバー攻撃に対抗する為、“検知”ソリューションに投資をしてきました。
しかしながら、攻撃手法は多様化、高度化し、導入したセキュリティ製品ですり抜けが発生する中、
どのような製品を導入すれば有効な対策になるか、企業のセキュリティ担当者は頭を悩ませています。

Deceptionは、攻撃者とのいたちごっこを根本的に変えるテクノロジーであり、アメリカやイスラエルでは既に一般的になりつつあります。
本セミナーでは、意外と知られていない、標的型サイバー攻撃がセキュリティ製品を通過し、端末が感染した後、どのように脅威が拡散~情報搾取されるのか、具体的な手法をご紹介します。

そして、その攻撃に対しAttivo ThreatMatrixがどのように攻撃者を騙し、おびき寄せ、誤検知ゼロで検知をするか、実機のデモを交えてご説明させて頂きます。

この機会に是非ご参加下さい!

開催要項

日程 日程調整中
会場 株式会社エルセナ
〒163-0928 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス28F
-JR新宿駅 南口・西口より 徒歩約10分
定員

20名

※定員に達し次第受付を終了させていただきます。

対象
  • 企業の情報システム部門のご担当者様
  • 標的型サイバー攻撃対策をご検討中の方

※競合製品をお取り扱いされている方、個人の方の参加はお断りさせていただく場合がございます。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

費用

無料(事前登録制)
<当日ご持参いただくもの>

  • 受講票
  • お名刺

プログラム

  標的型サイバー攻撃における内部拡散とは
  • 感染後の内部拡散の手法とそのリスクについてご説明します
  Attivo ThreatMatrixソリューション
  • Deception(騙し)のコンセプトと、内部拡散検知、可視化ソリューションをご紹介します
  機器のデモンストレーション(仮)
  • 実際の機器画面を用いて脅威検知の様子をご紹介します
  Q&A

※プログラムは、予告なく変更される可能性がございます。予めご了承ください。最新情報は、本Webページをご確認ください。

※同業他社のお客様や本セミナーへの参加がふさわしくないと当社が認める事情がある場合は、参加をお断りさせていただく場合がございます。

お問い合わせ先

マクニカネットワークス株式会社
Attivo 製品担当
TEL 045-476-2010
Email